サブスクリプションとは?|サブスクリプションのメリットとヒントを解説

サブスクリプションのメリットとヒントについての解説をしています。

サブスクリプションとは?

サブスクリプション(subscription)という単語は、予約購読・定額制・会費という意味になります。今回の記事ではサブスクリプションをテーマにした、サブスクリプションのビジネスモデル(以下ではサブスクリプションビジネスとします)について解説します。

サブスクリプションビジネスはユーザーが製品やサービスの利用と引き換えに定期的に金額を支払うことを基本としており、顧客獲得よりも顧客維持に焦点を当てています

顧客維持に努めることでサービスを継続的に利用してもらい、定期的に支払いをしてもらうことで収益をあげているのです。

サブスクリプションビジネスの歴史は意外と古く、1600年代に新聞社や書籍出版社によって初めて導入されました。新聞や雑誌を購読している方も多いので、知らず知らずのうちにサブスクリプションビジネスを利用している方も多いのではないでしょうか?

例えばマンガ雑誌だと、雑誌を一回だけ購入してもストーリの全体を追うことはできないです。ユーザーが週刊誌・月刊誌を継続的に購読することをベースにしてサービスを提供しているのです。

新聞にしても、新聞を1日だけ購入しても社会全体を継続的に知ることはできないので、ユーザーが継続的に購読することを軸にしてサービスを提供しています。

サブスクリプションビジネスは一回のみのサービスを提供しているのではなく、長期的で継続的なサービスを提供しているのです。サブスクリプションビジネスは長期的な売上を保証することになるため、収益モデルを強固なものにします。収益予測や事業計画が立てやすくなるのです。

現代のサブスクリプションビジネス

サブスクリプションビジネスは新しい概念ではないですが、デジタル技術がサブスクリプションビジネスを大きく変えています。デジタル技術によって、サブスクリプションビジネスを行うことが企業にとって簡単になっているのです。

例えばPayPalやStripeなどの決済システムを導入することで、多額の投資をすることなく、定期的な支払いシステムを採用することが可能になりました。その他にもマーケティングツールや顧客管理ツールといったデジタル技術によって、サブスクリプションビジネスを充実させることができます。

デジタル技術が発展したことによって、サブスクリプションビジネスを導入する業界や企業が増加しているのです。

サブスクリプションビジネスのメリット

サブスクリプションのメリットの代表例を紹介します。

サブスクリプションビジネスのメリット①:顧客との関係性構築

顧客と良い関係を築くためにはコミュニケーションを取ることが大切です。サブスクリプションビジネスでは、顧客とコミュニケーションをとる機会を増やすことができます

サブスクリプションビジネスではフィードバックを得る機会が多いです。その月毎のフィードバックを見るとで、ユーザーの動向を確認することができます。これにより、サブスクリプションビジネスが成功・失敗するポイントで把握することが可能になります。

そもそもサブスクリプショサービスを活用してくれる顧客はロイヤリティが高いのかもしれません。定期割引が理由なのか、サービスのブランドが好きなのか、ロイヤリティが高い要因はたくさんあります。

サービスを継続的に利用してくれる顧客を大切にして、良い関係性を築くことがサブスクリプションビジネスにおいてとても重要です。

サブスクリプションビジネスのメリット②:収益が安定する

サブスクリプションビジネスで顧客との良い関係性を築くことができると、顧客との長期的な関係が構築されます。ロイヤリティのある既存顧客との取引によって安定した収益を得られるのです。

新しい顧客を獲得するよりかは、既存顧客との関係性を築く方が企業にとっては生産的に活動することができます。一人一人にその場その場で対応するよりかは、すでに関係性のある顧客のニーズの方が理解できますし対応しやすいからです。

サブスクリプションビジネスは顧客の生涯価値を大幅に高めて、収益の増加と顧客関係の強化につながります

サブスクリプションビジネスのメリット③:予測可能性が向上する

サブスクリプションビジネスでは、ユーザー数によって毎月の収益を予測することができます。ユーザー数には多少の変動があるかもしれませんが、将来の収益を妥当な数字で予測することもできます。

製品やサービスを単発で販売している企業にとっては、収益を予測することはとても難しいことです。顧客がもう一度買ってくれるのか、どのくらいの頻度で購入にしてくれるのか、それくらいの数を購入してくれるのか、全く検討もつきません。

予測可能性が向上することはビジネス判断に貢献します。サブスクリプションビジネスによって、会社の成長を促す妥当で挑戦的な事業計画を策定することも可能になるのです

サブスクリプションビジネスのメリット④:サービスのカスタマイズ

サブスクリプションビジネスでは、顧客の様々な情報を入手することができます。ユーザーの行動を把握することで、ユーザーのニーズをよりよく理解することができ、サービスをカスタマイズすることができます。

顧客のニーズをもとにサービスをカスタマイズすることによって、顧客満足度を向上させることができます。

この記事は転職マネジメントにより提供されています。

続きを読みたい方は転職マネジメントを参考にしてください。

最新の記事